一般財団法人 日本児童教育振興財団 ようこそ日本児童教育振興財団ホームページへ

文字サイズ

日本の未来を担う、子どもたちの健やかな成長を願い、各種の教育文化活動を行っています。

事業についてへ
  • 学校教育振興へのリンク
  • 幼児教育振興
  • 家庭・社会教育振興
  • 青少年文化振興
  • 特別支援教育振興
  • 学校性教育振興(日本性教育協会 JASE)

お知らせ

2023年1月6日

明けましておめでとうございます。

今年の干支・卯は、飛び跳ねることから飛躍の象徴といわれています。
また、子だくさんということで豊穣・子孫繁栄のシンボルでもあります。
昨年までコロナで滞りがちだった行事や事業も今年は大いに飛躍し、たくさんの結果を生み出して前に進みたいものです。

日頃より、一般財団法人 日本児童教育振興財団の事業活動に対するご支援、ご鞭撻をいただき、誠にありがとうございます。
おかげさまで、3月末には第五十七期の事業を無事に終了する予定です。
本年も引き続き、当財団の事業活動に対するご理解とご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

*

テルミ12・1月号(242号)を発売中です
表紙は、冬至にちなみ「ゆずとかぼちゃ」です。
めいろあそびは「クリスマスめいろ」と「スキー めいろ」、「ペンギンめいろ」です。
特集は、17種のアイコンを3号にわたって紹介する第1回「SDGsのマーク その1」、「クリスマスのお菓子」、2023年の干支にちなみ「いろいろなウサギ」、そして「お正月すごろく」、「静電気」、「雅楽の楽器」です。雅楽の楽器は3種類を紹介していて、『テルミ』公式ホームページで実際の音色を聴くことが出来ます。
「作って食べよう」では、プリンを使った「クリスマスケーキ」を紹介。クイズは、「大みそかに食べるもの」を選ぶ問題です。

テルミ12・1月号(242号)表紙画像


増刊号、発売中のテルミおよびバックナンバーについては『テルミ』公式ホームページをご覧ください。

『テルミ』公式ホームページの新コーナー「テルミの仲間たち」(不定期掲載)をご覧ください!
前号から始まった新コーナー「テルミの仲間たち」。その第1回に登場してくれたのは、『テルミ』の「めいろ」に初めて挑戦して楽しんでくれている小学2年生(当時)の女の子です。『テルミ』公式ホームページで動画を公開しています。
そのほか、『テルミ』公式ホームページでは、最新号の紹介やバックナンバー、増刊号の紹介をしています。また、これまで隔月だった「けんしょうクイズ」が毎号応募いただけるようになりました。当選者へは抽選で「テルミ特製図書カード」をプレゼントします。ご購読のお申し込みや、『テルミ』へのご意見・ご要望もホームページからお送りいただけます。

テルミ特製図書カード

増刊号、発売中のテルミおよびバックナンバーについては『テルミ』公式ホームページをご覧ください。

テルミ増刊『世界 ふしぎ 旅行』(235号)を発売中です!
テルミの大人気企画『世界 ふしぎ 旅行』が1冊に。
万里の長城、カッパドキア、自由の女神像、ナスカの地上絵、ピサの斜塔など、世界中から選んだ19の不思議な自然や建築などが紹介されています。

『世界 ふしぎ 旅行』の案内はこちらです。
お問い合わせ、ご注文は、「テルミのご購読の案内」をご覧ください。

テルミ増刊「世界 ふしぎ 旅行」表紙画像

また、同じくテルミ増刊『スケルトン 生き物のこっかく』、『新 きょうりゅう ずかん』もこちらからご覧ください。

テルミ増刊「スケルトン 生き物のこっかく」表紙画像 テルミ増刊「新 きょうりゅう ずかん」表紙画像


*増刊号は、年間定期購読のなかの1冊には含まれません。定期購読されていてご購読希望の方は、別途お申し込みくださいますようお願いいたします。
2023年度版「もうすぐ幼稚園」をお届けします!
今年4月に入園を控えた子どもを持つ保護者に向けてのガイドブック「もうすぐ幼稚園」が完成しました。2023年度版をご希望の方には無料でお送りしております。新入園に備えて、ぜひご活用ください。
お申し込み先は以下のとおりです。
ご不明な点などございましたら、(一財)日本児童教育振興財団か下記まで電話・FAXでお問い合わせください。

<問い合わせ 及び 申し込み先>
株式会社 昭通
TEL :03−5315−0781
FAX :03−5315−0715

もうすぐ幼稚園表紙画像
2023年度版「入学の心得」をお届けします!
2023年度版「入学の心得 もうすぐ一年生」をお申し込みの方に無料でお送りしております。新入学に備えて、ぜひご活用ください。
申込先は以下のとおりです。
ご不明な点などございましたら、(一財)日本児童教育振興財団か下記まで電話・FAXでお問い合わせください。

<問い合わせ 及び 申し込み先>
小学館PSカスタマーセンター
TEL :03−5281−3555
FAX :03−5281−1606

入学の心得 もうすぐ一年生表紙画像
第26回 中華人民共和国「中国高校生日本語作文コンクール」作文集が出来ました
今年度の第26回「中国高校生日本語作文コンクール」はオンラインで実施され、16名の最優秀賞者が選ばれました。
最優秀作を含めた優秀賞30作品を収録した作文集が出来上がりました。
希望される方には無料でお送りしています(在庫がなくなり次第終了します)。
詳しくは、
一般財団法人日本児童教育振興財団内 日本青少年研究所までお問い合わせください。

TEL : 03-5615−9750
e-mail : youth-study@pop01.odn.ne.jp

第26回 中華人民共和国「中国高校生日本語作文コンクール」作文集表紙
教育ビデオライブラリー最新作/作品73、作品74の貸し出しを開始しております。
作品73/『八王子市立浅川小学校の特別活動「たて割り」!〜全校生徒による「異年齢交流活動」1年間の記録〜』
本作品は、東京都八王子市立浅川小学校で実践されている特別活動「たて割り」を1年間にわたって記録したものです。「異年齢交流活動」を徹底的に行う浅川小では、全学年の児童が44班に分かれる「たて割り班」に所属します。入学時に所属した班は、卒業までの6年間変わらず、各班には担当の先生までついています。運営はリーダーである6年生にまかされていて、毎週1回、朝の15分間、1年生から6年生が自分たちで決めた「遊び」を一緒に行い、運動会や遠足でも「たて割り班」で行動していきます。初めの頃は、リーダーである6年生と他学年児童が緊張と戸惑いの中、話し合ったり、遊んだりしていますが、行動を共にし、そこに生まれる摩擦を乗り越えていくことで、次第に「仲間として一緒にやり遂げる喜び」を知り、「誰かのために役に立つ」ことを実感していきます。先生たちは、経験したことのない「たて割り班」活動に悩みながらも、児童を信じて見守り続けます。教室とは別の「居場所」の中で、はたして児童と先生に何が生まれたのか?

八王子市立浅川小学校の特別活動「たて割り」!〜全校生徒による「異年齢交流活動」1年間の記録〜

作品74/『日本のレッジョエミリア・アプローチ 100のことば〜想像と創造が生まれる教育のために〜』
本作品は、イタリアの歴史ある幼児教育「レッジョエミリア・アプローチ」に学び実践している日本の保育園やこども園での教育的アプローチを記録しています。子どもたちの学びをサポートするアトリエリスタと呼ばれるスタッフが、現地レッジョエミリアで学んだことを活かして0歳児から5歳児まで、細やかな指導をすることで子どもたちに変化が見られます。その指導は、「レッジョエミリア・アプローチ」の指導者であるローリス・マラグッツィが呼びかけた「100のことば」にあるように、無限の可能性を秘めた子どもたちに、大人と同じ「市民」として対等に向き合い、敬い、問いかけ、語りかけ、子どもたちの創造性と想像力を引き出しています。
光や土、紙、そして街で集めたリサイクル品など、子どもたちが触れるものは、全て選び抜かれた素材です。また、子どもたちを取り巻く環境や作品の展示など、そのすべてに意味が込められています。大人も共に楽しく学び合い、子どもたちの新たな一面が作り出されていく姿をご覧ください。

日本のレッジョエミリア・アプローチ 100のことば〜想像と創造が生まれる教育のために〜dvdパッケージ
動画ダイジェスト、バックナンバーの詳細も、「ビデオライブラリーについて」よりご覧ください。

なお、DVDには貸し出し期間が設けられています。ご利用ののちは速やかにご返却をお願いします。

*貸し出しの問い合わせは、当財団まで。
TEL:03−5280−1501

*******************************
理事会・評議員会のみなさまへ
当財団の2022年度の事業報告および決算報告と2023年度の事業計画および予算案を討議いただく、理事会ならびに評議員会を本年5月23日(火)に開催いたします。詳しくは書面で通知申し上げますので、ご予定のほど、よろしくお願い申し上げます。
当財団の事業活動、助成事業、点字絵本テルミ、教育ビデオライブラリーなどについては、

一般財団法人日本児童教育振興財団
TEL:03−5280−1501
FAX:03−5280−1503

まで、お問い合せください。

お知らせ一覧を見る

FAJE 一般財団法人 日本児童教育振興財団 〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-5-4 OGAビル 8F The Foundation for the Advancement of Juvenile Education in Japan