一般財団法人 日本児童教育振興財団 ようこそ日本児童教育振興財団ホームページへ

文字サイズ

日本性教育協会(JASE)学校性教育振興興

  • 日本性教育協会は2012年4月1日に(財)日本児童教育振興財団と合併し、その事業は(財)日本児童教育振興財団にて継承していきます。

目的・方針

  • 日本性教育協会は、(財)日本児童教育振興財団内の「学校における性教育振興のための事業と助成」を行っています。略称はJASE(ジェイス)(The Japanese Association For Sex Education)といいます。性教育に関する調査、研究、啓発を推進し、学校と家庭と社会を結び、性教育の理想実現のために、セクソロジー(性科学)や人間の性(ヒューマンセクシュアリティ)に関わる事業と助成を行っています。
  • 日本性教育協会(JASE)ホームページへ

事業内容

1.「現代性教育研究ジャーナル」作成・ウェブ配信とHP運営
性教育と性科学のより一層の啓発と充実に寄与するために「現代性教育研究ジャーナル」を作成し、ホームページ上にてウェブ配信を行い、無料にて提供する(年12回)。そのためのホームページの毎月の更新、蔵書・資料等の更新や検索性の改善、共催・後援のセミナー、講習会の告知を行う。また、Face bookの作成や更新も行う。
2.第8回(2017年度)「青少年の性行動全国調査」
2017年度に実施した第8回「青少年の性行動全国調査」をもとに考察・研究を行い、本年7月に「『若者の性』白書 第8回青少年の性行動全国調査報告」(仮)を小学館より刊行予定。また、同様の調査を行った中国・上海社会科学院の調査と合わせて、10月に「『青少年の性行動/日中比較研究』報告書」を刊行予定。なお、5月31日上海で開催される国際セミナーにおいて若者の性行動について4名の講演者を、8月9日に千葉で開催される全性連全国大会、10月5日に開催されるJFSセミナー、10月12日から開催されるWAS国際会議に講演者を派遣予定。11月に開催される東京都性教育研究大会に上海、北京、広州から研究者4名を招聘し、日中比較研究の講演を行う。調査委員会は年3〜4回開催する。
3.「全国性教育研究団体連絡協議会」へ助成
「全性連」は「全国性教育研究大会」を主催し、全国6ブロックの活動を支援し、会報発行等の事業を行っている。これらの活動に対して助成を行う。
4.「SEE性教育アカデミー」実行委員会へ助成 
「SEE(Sexuality Education and Empowerment)性教育アカデミー」は、定例講習と公開講座の開講、教材開発、海外研修などの活動を行う。
「教育・支援者のための『性教育』ワークブック〜基礎からトレンドまで」を夏に刊行予定。そのワークブックを用い、10月5日と2020年3月8日にワークショップを開催。また、10月12日〜15日に開催されるWAS国際会議を利用して海外スタディーツアーを開催する。性暴力の専門家との交流&ミニレクチャー等を行う予定。これらの活動に対して助成を行う。
5.「東京性教育研修セミナー」「北東北性教育研修セミナー」へ助成
「東京性教育研修セミナー」として「夏の世界性の健康デー記念イベント」を行う。性科学・性教育研究者の育成と研究発表のため研究会やセミナーを行う団体やNPO法人に対して助成を行う。
北東北性教育研修セミナー実行委員会は、年数回の「北東北性教育研修セミナー」等を通して、北東北地区での性教育研究、性教育指導者の養成、ネットワーク構築を行っている。これらの活動に対して助成を行う。
2013年度より継続してきた「被災地思春期性教育ピア支援事業」は、被災地の若者に対して生きる希望や性教育の大切さを訴え一定の成果を上げてきた。本年度は、被災地の復興状況や若者の現状を考え、今後の「被災地思春期性教育ピア支援」を再構築するために一旦休止する。
6.「WAS(世界性の健康学会)国際会議」への参加・助成
隔年ごとに開催される世界、アジア・オセアニアの学会に運営委員や若手研究者の参加を促すために、定額補助の助成を行う。本年度は、「第24回 WAS(世界性の健康学会)会議」がメキシコシティで10月12日から15日に開催予定。
「第8回青少年の性行動全国調査」の研究成果を発表し国際交流を通して、性教育振興の事業に生かす。
7.「JFS日本性科学連合」・その他の学会へ参加・助成
日本における性科学の啓発、定着を目指して発足した学際領域による組織JFS(Japan Federation of Sexology)と、年1度開催する性科学セミナーに対して参加・助成する。
その他、国内の各種団体への会員登録、年会費や大会開催を助成する。
8.資料室の運営・管理
国内外の性教育、性科学に関する文献・資料等を約62,000点収容している資料室の運営・管理を行う。毎年度文献・資料・新聞・雑誌切り抜きデータ等を新規追加し、蔵書のさらなる充実を図る。資料室の有効利用のために広く広報活動を行い調査・研究のための利用を促す。
9.学校性教育関連資料の開発・作成
学校における性教育に役立つ資料の作成や、出版物の刊行・既刊の重版を行う。
「現代性教育研究ジャーナル」の連載記事や、セミナー・講習会における講演内容等をまとめて編集、刊行する。
本年度は、「すぐに授業に使える性教育実践資料集」(小学校版・中学校版・高等学校版)の改訂作業(プロット、執筆等の会議開催)を行う。第1段階として、中学校版の刊行を予定。
文科省の通達やLGBTに対する話題性もあり、売り上げの好調な性教育ハンドブックVol.6『「ありのままの私を生きる」ために』(土肥いつき・著)を重版、「ピア・カウンセリング実践マニュアル」(改訂版)を小学館より購入予定。
10.学校における性教育振興運営委員会(日本性教育協会JASE運営委員会)の開催
5月、1月の年2回開催する。「学校における性教育振興のための事業と助成」に関して協議・助言し、学校における性教育の普及、振興を図る。
事業について
学校教育振興
幼児教育振興
家庭・社会教育振興
青少年文化振興
特別支援教育振興
学校性教育振興(日本性教育協会 JASE)
ビデオライブラリー
ビデオライブラリー 貸出し他
新作ビデオとバックナンバー
「テルミ」ライブラリー
「テルミ」ご購読
「テルミ」新刊ご案内
「テルミのめいろ」ご案内
「テルミ」バックナンバー

ページトップに戻る

FAJE 一般財団法人 日本児童教育振興財団 〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-5-4 OGAビル 8F The Foundation for the Advancement of Juvenile Education in Japan