一般財団法人 日本児童教育振興財団 ようこそ日本児童教育振興財団ホームページへ

文字サイズ

幼児教育振興

目的・方針

  • 少子化、都市化、核家族化の進行のなかで、幼児教育が重視されています。これからの保育のあり方を考える実践的研究などに対して助成しています。

事業内容

1.幼稚園・保育所教育の実践研究へ助成
日本各地の保育、幼児教育の最前線にいる先生方に役立つ、今必要とされる、きめこまやかな実践的研究テーマや活動に対し、当財団が総合的に判断し、助成する事業である。本年度は以下のテーマに助成を行う。
  • @研究者名:西 隆太朗・伊藤美保子(ノートルダム清心女子大学)
    研究テーマ:保育を見ること、語り合うこと──映像を用いた保育実践の観察と保育者の省察・研修に関する研究
2.「小学館おはなし玉手箱キャラバン」へ助成
2000年の「こども読書年」にちなんで読書推進活動の一環として始められた事業。
現在は、全国各地の公共施設・保育園・幼児教室などを巡回するキャラバン形式で読み聞かせを行っているが、新型コロナウイルスの感染予防を徹底したうえで、本年度は東京、大阪を中心に、全国15か所前後でのリアル開催及びオンラインによるイベントを予定しており、この活動に対して引き続き助成を行う。
3.「入園おめでとう大会2022」運営助成
今年度からの新規助成である。来年度に幼稚園・保育園に入園する親子を対象にしたイベントで、昨今の新型コロナウイルス感染予防を徹底したうえでのライブと疑似イベントをWEB上で配信する。内容は、ビデオによる入園前の準備や幼稚園の紹介、お悩み相談企画、お家でできる遊び方講座、キャラクターショーに加え、感染症対策講座と多彩である。
4.「2022年度入園ガイドブック」制作・頒布助成
これも今年度からの新規助成で、前項「入園おめでとう大会」との連動事業である。これは、幼稚園・保育園に入園する児童を持つ保護者に、役立つ情報をまとめた冊子の制作・頒布に対する助成である。内容は、幼稚園・保育園ではどんなことをするのか、入園準備リスト、入園までに身につけておきたい生活習慣、年間スケジュールなどをまとめたA5版32ページの冊子となる。
事業について
学校教育振興
幼児教育振興
家庭・社会教育振興
青少年文化振興
特別支援教育振興
学校性教育振興(日本性教育協会 JASE)
ビデオライブラリー
ビデオライブラリー 貸出し他
新作ビデオとバックナンバー
「テルミ」ライブラリー
「テルミ」ご案内
「スケルトン 生き物のこっかく」のご案内
「新 きょうりゅう ずかん」のご案内
「テルミのめいろ」ご案内

ページトップに戻る

FAJE 一般財団法人 日本児童教育振興財団 〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-5-4 OGAビル 8F The Foundation for the Advancement of Juvenile Education in Japan