一般財団法人 日本児童教育振興財団 ようこそ日本児童教育振興財団ホームページへ

文字サイズ

幼児教育振興

目的・方針

  • 少子化、都市化、核家族化の進行のなかで、幼児教育が重視されています。これからの保育のあり方を考える実践的研究に対して助成しています。

事業内容

1.幼稚園・保育所教育の実践研究へ助成
日本各地の保育、幼児教育の最前線に立つ先生方に役立つ、今必要とされる、きめこまやかな実践的研究テーマや活動に対し、当財団が総合的に判断し、助成する事業である。平成30年度は以下のテーマに助成を行う。
  • (1)子育て支援におけるプレイパーク(冒険遊び場)の役割

    宮里暁美(お茶の水女子大学 教授)ほか

  • (2)保育現場での野菜栽培活動の効果に関する研究

    秋草学園短期大学教授 中村陽一

2.「おはなし玉手箱」へ助成
2000年の「こども読書年」にちなんで始められた事業。各地でのキャラバン形式に変更して実施しているこの事業に助成を続ける。
事業について
学校教育振興
幼児教育振興
家庭・社会教育振興
青少年文化振興
特別支援教育振興
学校性教育振興(日本性教育協会 JASE)
ビデオライブラリー
ビデオライブラリー 貸出し他
新作ビデオとバックナンバー
「テルミ」ライブラリー
「テルミ」ご購読
「テルミ」新刊ご案内
「テルミのめいろ」ご案内
「テルミ」バックナンバー

ページトップに戻る

FAJE 一般財団法人 日本児童教育振興財団 〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-5-4 OGAビル 8F The Foundation for the Advancement of Juvenile Education in Japan