一般財団法人 日本児童教育振興財団 ようこそ日本児童教育振興財団ホームページへ

文字サイズ

日本の未来を担う、子どもたちの健やかな成長を願い、各種の教育文化活動を行っています。

○事業について
  • 学校教育振興
  • 幼児教育振興
  • 家庭・社会教育振興
  • 青少年文化振興
  • 特別支援教育振興
  • 日本性教育協会(JASE)学校性教育振興

お知らせ

2017年12月1日

師走。誰もが慌ただしい時の流れを感じる季節です。風邪もはやり出し、忙しさに体調も壊しやすいときです。十分にお気を付けください。
日頃より、一般財団法人日本児童教育振興財団の事業活動に対するご理解とご指導をありがとうございます。
今年も残り少ないですが、引き続き事業の円滑な進行に努めますので、みなさまのご指導をよろしくお願い申し上げます。

*

第66回『小学館児童出版文化賞』贈呈式が開催されました
さる11月9日、第66回『小学館児童出版文化賞』の贈呈式及び祝賀会が東京・如水会館で開催されました。
受賞者はじめとした関係者のみなさまのご参加を得て贈呈式が行われ、次の作品が受賞されました。
受賞作は、
『小やぎのかんむり』(市川朔久子/作 講談社/刊)
『つちはんみょう』(舘野鴻/作 偕成社/刊)
の2作品でした。

小やぎのかんむり つちはんみょう

2018年度版「入学の心得」が出来ました!
2018年度版「入学の心得 もうすぐ一年生」をお申し込みの方に無料でお送りしております。新入学に備えて、ぜひご活用ください。
申込先は以下のとおりです。
ご不明な点などございましたら、日本児童教育振興財団か下記まで電話・FAXでお問い合わせください。
<問い合わせ先>
2018年度版「入学の心得 もうすぐ一年生」申込先
小学館PSカスタマーセンター
TEL:03-5281-3555 FAX:03-5281-1606

入学の心得


テルミ12・11月号(210号/12月1日)を発売中です!
表紙は、正月の風物「かがみもち」です。めいろあそびはとりから犬へ 年がじょうめいろ」と、「おみくじあみだくじ」です。
特集企画は、パンダの赤ちゃん誕生を祝して「パンダの赤ちゃんのせい長」です。名前がシャンシャンと決まりましたね。
ちがいさがしは年末の風物にちなんで「ちがいさがし クリスマス」です。
まもなく冬季オリンピック。「スケートぐつ いろいろ」は、競技によってスケート靴の種類が違うことを示しています。
2018年の干支は犬。「はたらく犬ずかん」として、いろいろな犬を取り上げました。
今回の「作ってあそぼう」は簡単につくれる「糸電話」です。チャレンジしてみてください。また正月料理に欠かせないレンコンは蓮の花の茎なんですね。不思議な動物は「オオアリクイ」で、一日に3万匹のアリを食べるユニークな動物です。
好評の作って食べようでは「マッシュポテト」を紹介しています。みなさんも作ってみてください。けんしょうクイズは、かまぼこにちなんだクイズです。どしどし応募してください。
これまでに発売中のテルミおよびバックナンバーについては「テルミのご購読の案内」をご覧ください。

テルミ10・11月号(通巻209号)


「教育ビデオライブラリー66〜68/間もなく貸出開始
なお、「教育ビデオライブラリー66〜68」の作品もまもなく完成し、年内に貸出を開始いたします。

作品66 /「本当の学びとは―主体的・対話的で深い学びの先にあるもの」
作品67 /「北区イングリッシュサマーキャンプ2017年夏の記録」
作品68 /「砂・土・水で遊ぶ子どもたち 支える環境 モノ 時間」

*貸し出しの問い合わせは、当財団まで。TEL 03-5280-1501
当財団の事業活動、助成事業、点字絵本テルミ、教育ビデオライブラリーなどについては、
一般財団法人日本児童教育振興財団
TEL03-5280-1501
FAX03-5280-1503
まで、お問い合せください。

お知らせ一覧を見る

2014年4月9日のMicrosoft Windows XPサポート終了にともない、当サイトは下記のOSとブラウザを推奨いたします。その他のブラウザでご覧いただいた場合、ページの表示が崩れる場合がございます。

Windows Vista、Windows 7以上
Internet Explorer 8以上
Google Chrome 最新版
※もしWindows XPでご覧になる場合、ブラウザはGoogle Chrome 最新版をご利用ください。

Mac OS X 10.9
Safari 7
Google Chrome 最新版

FAJE 一般財団法人 日本児童教育振興財団 〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-4 OGAビル 8F The Foundation for the Advancement of Juvenile Education in Japan